Python(パイソン)について詳しく知りたい!

Why? Python(パイソン)
Python(パイソン)とはPython(パイソン)で何ができるの?Python(パイソン)を使った製品
Python(パイソン)は、1991年にオランダのグイド・ヴァンロッサム氏によって作られたプログラミング言語です。意外と古いPython(パイソン)ですが、今とても注目されています。


それは人工知能(AI)、機械学習(マシンラーニング)、深層学習(ディープラーニング)、ビックデータ解析などの研究によく使われているからです。

また、Python(パイソン)はGoogle(グーグル)やYouTube(ユーチューブ)、ピクサーなどの大企業で利用され、Instagram(インスタグラム)、Dropbox(ドロップボックス)などのWebサービス、Pepper(ペッパー)の人工知能部分もPython(パイソン)で作られています。

Python(パイソン)という名前の由来は、開発者がイギリスのテレビ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」が好きだったからと言われています。

Python(パイソン)を使えば、こんなことができるようになります。

  • Webサービス、Webアプリケーションが作れる!
  • 機械学習、ディープラーニングができる!
Webサービス、Webアプリケーションが作れる!
Instagram(インスタグラム)、Dropbox(ドロップボックス)などのWebサービスはPython(パイソン)で作られています。

Python(パイソン)を学ぶことで、「こんなWebサービス・アプリがあったらいいのにな」というイメージから、実際に役に立つものを自分で作れるようになります。ここまでくるとプログラミングがとても楽しくなります。

機械学習、ディープラーニングができる!
機械学習とは、人間が持つ「学習」にあたる仕組みをコンピューターで実現する技術です。一口に機械学習と言ってもさまざまな手法が存在し、代表的なところではAIを実現する手段としての「ディープラーニング(深層学習)」があります。

ディープラーニング(深層学習)とは、ニューラルネットワークと呼ばれる機械学習の手法を発展させたもので、人間の神経細胞の仕組みをシミュレートした構造を利用しています。言い換えると、複雑な神経回路のつながりを数式化したことによって、機械独自でも人同様の「学習」ができるようにしたのです。

有名な例に、人間のプロ棋士を破ったことで有名になったGoogleの囲碁ソフト「AlphaGo」や、自動車の自動運転などがあり、その他にも幅広い分野で応用され、既に実用化されているものもあります。

機械学習を実装するプログラミング言語として、最も人気なのがPythonです。このほかR、C/C++、Javaなどでも機械学習の実装を行うことも可能ですが、これら言語の中でPythonは、使用される頻度およびその応用範囲の広さで抜きんでています。

Python(パイソン)はライブラリが充実していて、コミュニティも活発 という点にあります。Python(パイソン)を用いた機械学習を行う際に定番のライブラリである「scikit-learn」をはじめ、ディープラーニングに使用する「TensorFlow」、「PyTorch」、「Chainer」といったライブラリが存在します。

機械学習に関するライブラリがこれほど充実している言語は、現時点でPython(パイソン)以外にありません。

Python(パイソン)で作れるものとしては「WEBアプリ」、「人工知能」が有名です。

WEBアプリ

Python(パイソン)で一番作られているものはWEBアプリです。

WEBアプリはインターネットにつながっていれば、「Mac」「Windows」などのPCの違いや、「スマートフォン」「タブレット」などの端末の違いがあっても関係なく利用することができるため、非常に便利なアプリです。

Python(パイソン)で作られた有名なWEBアプリでは、「Youtube」、「Instagram」、「Pinterest」、「Dropbox」があります。

人工知能

Python(パイソン)の「機械学習」や「ディープラーニング」という技術を用いて人工知能の研究が積極的に進められています。

人工知能の例としてはソフトバンクが開発したPepper (ロボット)が非常に有名です。

Pepperには、コンピューターが自ら学ぶことができるディープラーニングを使った感情エンジンが採用されています。この感情エンジンの開発にPython(パイソン)が使われています。