高校生クラス新設のお知らせ

高校生向けのプログラミング学習クラスを新設しました。


2022年度より、平成30年に告示された新しい「高等学校学習指導要領」が施行されます。


その中で「情報」科目における大幅な教科の再編成があります。現行の「情報」では、「社会と情報」「情報の科学」に分けられている内容が、共通必履修科目「情報I」へと集約され、2023年度からは選択科目「情報II」が新設されます。


つまり、2022年4月から高等学校で文系、理系問わず、みんなが「情報Ⅰ」を学習することになります。そして、大学入試共通テストで「情報Ⅰ」が英語のような文理共通の必須科目となりました。


すでに大学入試センターから試作問題も公開されています。


大学入学共通テスト「情報Ⅰ」の出題範囲
・情報社会の問題解決
・コミュニケーションと情報デザイン
・コンピュータとプログラミング
・情報通信ネットワークとデータの活用


出題範囲の内、「コンピュータとプログラミング」の分野は従来のBASICというプログラミング言語からPythonというプログラミング言語に置き換わります。高校生クラスでは主にPythonでのプログラミング学習を通じて、情報Ⅰで必要となる知識を学習します。



カリキュラム詳細
【レベル1】scratchプログラミング
最初の4~6か月間は、ビジュアルプログラミング言語(scratch)を使い、「変数」「リスト」「条件分岐」「繰り返し」等のプログラミングの基本を学習します。


【レベル2】Pythonプログラミング
Pythonでゲーム開発及びアプリ開発で必要なバックエンド開発技法を学びます。MySQLを使用してデータベースの仕組みも勉強します。また、AI(人工知能)開発で使用するAIライブラリやチャットボットで使用する形態素解析ライブラリなども学習します。


【レベル3】ウェブアプリ開発
ウェブアプリ開発で必要なUI(画面回り)を構築するため、HTML、CSS、JavaScriptの使い方を学習します。Djangoなどの統合開発環境やGitHubの使い方も学んで頂きます。
受講料
高校生クラス
■入学金:20,000円(税込)

■少人数プログラミングコース(1クラス4名以下)
  60分/月3回 月額:13,200円(税込)
  60分/月6回 月額:26,400円(税込)

■マンツーマンプログラミングコース
  60分/月2回 月額:19,800円(税込)
  60分/月3回 月額:29,700円(税込)

※オンライン、対面どちらにも対応しています。
※授業料は毎月28日にご指定の口座から自動引き落しとなります。
無料体験教室のお申込み(高校生クラス)


申込みフォーム
必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。


    無料体験教室で使用する教材、保護者様向けご案内資料はこちらからご確認頂けます。



    プログラミングを勉強する前に知っておこう
    Pythonプログラミング
    保護者様向けご案内資料