受講コース

ビジュアルプログラミングコース

受講対象:小学2年生~(推奨)

ビジュアルプログラミングコースの特徴
マウスの操作、タイピングなどのパソコン操作の基本スキルを学びます。また、セキュリティ教育にも力を入れており、ネット社会のルールやITリテラシーについてのワークショップも開催します。SNSをはじめとするインターネットを利用した犯罪に巻き込まれないように正しい知識を身に付けて頂きます。
ビジュアルプログラミング言語のscratch(スクラッチ)を使用し、プログラミングの基本的な考え方を身に付け、ジュニア・プログラミング検定にもチャレンジして頂けます。テクノロ守口校はジュニア・プログラミング検定の認定試験会場になっているため、テクノロの教室でジュニア・プログラミング検定を受験することができます。
年齢に合わせて1人ひとりに最適化した個別指導を行います。無料体験教室で確かめてください。


テキストプログラミングコース

受講対象:ビジュアルプログラミングコースを修了した方(小学6年生以上推奨)

テキストプログラミングコースの特徴
Python(パイソン)を使用し、プログラミングの基本的な文法(変数、配列、条件分岐、繰り返し)とコーディングに関するルールを学習します。また、二次元リストなどのscratch(スクラッチ)にはない発展的な文法も学習し、アプリ開発の土台となる知識を学びます。
ビジュアルプログラミングで学んだことをPython(パイソン)で表現するとどうなるかという観点でテキストプログラミングとの違いを学習します。
Python(パイソン)には人工知能を作るためにscikit-learn(サイキット・ラーン)というライブラリがあります。scikit-learn(サイキット・ラーン)を使用して機械学習、ディープラーニングの基礎の基礎を学習します。算数が得意になればなるほど、より優秀な人工知能を作れることを体感してもらうことが目的です。


ロボットプログラミングコース

受講対象:小学1年生~(推奨)

ロボットプログラミングコースの特徴
レゴ ブロックを自由に組み立て、遊びながら、子どもたちの考える力、豊かな創造性を育みます。レゴを使用したロボット作りがメインとなり、ロボットを動かすために必要なプログラミングを学ぶコースです。
ロボットを組み立て、思い通りに動かすためにプログラミングしていく過程で論理的思考力が養われます。 論理的に考える力は、将来どのような職業に就く場合でも必要とされる力です。
コースの途中からビジュアルプログラミングコースへの変更も可能です。本格プログラミングコースへ変更するにはビジュアルプログラミングコースを修了している必要があります。